4大局面 概要

定位置攻守

定位置攻守とは、組織的な攻守である。キックインやクリアランスからはじまるようなお互いが整っている4vs4を指す。

定位置攻撃

定位置攻撃を考える上で陣形は無数に考えられ撃つが、主に次の5つが有名である。

  • 4-0(クワトロゼロ)
  • 3-1
  • 2-1-1
  • 2-2(ピヴォ2枚)
  • 1-3
https://futsal.tech/positional-attack/formation-2/

定位置守備

守備の種類は大きく次の4つがある。

  • マンツーマン
  • ゾーン
  • ミックス
  • オルタナティブ

この中でもマンツーマンとオルタナティブが競技フットサルにおいて主流のDFとなっている。

守備の種類
定位置守備 概要「フットサルのディフェンスのやり方がわからない!」そんなお悩みの方に向けてフットサルディフェンスの全体像を徹底解説します。 フットサル初心者はこの記事を通してディフェンスの全体像を把握することをお勧めします。...

トランジション

非組織的な攻守の局面。

定位置攻撃と定位置守備の移り変わりに生じうる、どちらかのチームが整っていないカオスな局面。

攻守の移り変わりから因んでトランジションと言われている。

トランジション 概要「トランジションを制するものはフットサルを制する。」と言われるほどフットサルにおけるトランジションという局面は非常に重要です。この記事ではトランジション攻守の全体像と考え方について徹底解説します。 ...

トランジション攻撃(ポジティブトランジション)

相手の陣形が整う前に素早くシュートレンジに侵入しフィニッシュすることが重要である。

トランジション守備(ネガティブトランジション)

相手の攻撃を遅らせ、味方全員がボールラインに速やかに撤退して守備を組織化して定位置守備のフェーズに移行させることが重要である。

最後に

最後まで記事を読んでいただき誠にありがとうございます。
↑にSNSシェアボタンがございますのでこの記事が有益だと思った方はシェアして頂けると幸いです。

Twitterでフットサルの戦術に関する有益な情報を発信していますのでまだフォローしていない方はフォローお願いします!

Twitter

私達は日本のフットサルの競技レベルを上げるためにFリーグや海外での指導経験のある方との意見交換を通じて良質な情報を発信しています。
何か分からない点、間違っている箇所がございましたら↓のコメント蘭からお気軽にコメントください。

定期的に記事更新していますので今後も読みたいと思った方はブックマークの登録 or 「フットテック」で検索していただけると幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。