キックオフ

【チームに一つは欲しい】キックオフ戦術(サインプレー)アイデア集

キックオフは試合の前後半の頭、そして得点の直後に行われるゲームの節目になりやすい局面である。

キックオフは定位置攻撃と同じように行うチームがほとんどだと思いますが、中にはサインプレー(ジョガータ)である程度デザインされたやり方をやるチームもあります。

実際、キックオフをデザインすることで5人の意識が統一され試合の入りが良くなったりアタッキングサードへの侵入が容易になるのでキックオフをデザインすることは非常に有効です。

今回は敵陣攻撃に速やかに移行出来るキックオフ戦術に焦点を絞って代表的なものを紹介します。

ブロック&ドリブル

最も有名で広く使われいるキックオフ戦術。

直接シュートを狙う

キックオフ サインプレー

キックオフは直接ゴールが認められるのでシュート力のある選手であれば直接ゴールを狙うのも効果的である。
直接ゴールに入らなくてもゴレイロが弾いてCKにする狙いでも良い。

しかし、相手の壁が半径3mである上にゴールから20mも離れた距離から可能性のあるシュートを放つのは簡単ではない。

そのような場合はオプション2を適用するのが効果的である。

ブロック&ドリブル

このサインプレーは世界的に広く使われている非常に有名なキックオフ戦術である。

キックオフ サインプレー

キッカーがシュートフェイントでピサーダしてインプレー。

キックオフ サインプレー

赤2番がドリブルで前進すると青3番が釣り出されるので、その場合は赤3番を使うのが有効である。
(局地的数的優位 2vs1)

キックオフ サインプレー

フィニッシュトライアングルを意識してそれぞれが適切なポジショニングをとる。

アイソレーション

アラのアイソレーション(2-1-1)

サイドでの1vs1が得意な選手(アラ)がいればアラのアイソレーションが有効である。

孤立させたいアラ以外の3人はサイドにはけて2-1-1の陣形を形成する。

定位置攻撃と同じようにアラのアイソレーションで質的優位を作り、シンプルにフィニッシュする。

【フットサル戦術】オーバーロードとアイソレーションフットサルのオーバーロードとアイソレーションとはどのような意味なのでしょうか。この記事では、フットサルのオーバーロードとアイソレーションの戦術的意図や活用例を紹介しています。図や動画を交えた分かりやすい記事となっているので、ぜひお読みください。...

フィクソのアイソレーション(1-0-3)

ロシア代表のロビーニョや湘南ベルマーレのロドリゴがやっているようなアイソーレーション戦術。

【新戦術の開発】1-3 フィクソのアイソレーションとゴレイロの攻撃参加 この記事ではロシア代表のロビーニョ選手でお馴染みのフィクソのアイソレーション(1-3)戦術について徹底解剖します。 https...

ゴレイロの攻撃参加

スポルティングがやっているキックオフ戦術。

1列目に2vs1を作ってゴレイロがドリブルで持ち上がりシュートorパスをする。

ベンフィカ 自陣キックイン ゴレイロ攻撃参加
【世界最高峰の戦術】自陣キックイン ゴレイロの攻撃参加 5人目のFP 欧州の強豪チームの試合を分析するとゴレイロを5人目のFPとして攻撃参加させることがトレンドになっている。 その理由はシンプルで数...

4-0からの2枚抜け

パスをアラに出したら中央の2枚の選手がパラレラディアゴナルで抜ける。

4等分割
【定位置攻撃】4-0(クワトロ)ローテーション 完全マニュアルこの記事ではフットサル戦術の中でも特に難解と言われているクワトロゼロの戦術的意図、ローテーションについて図や動画を交えて徹底解説します。...

抜けた選手にパスが出せない場合、抜けた選手がピヴォになり2-2になるか、再び落ちて4-0や3-1を形成するなどパターンは様々である。

2-2の陣形を作れば各々の選手が孤立するので、ドリブル等での打開が容易になる。

フットサル ボックス 2-2
【個の力を生かすのに最適】ピヴォを二枚配置したボックス型(2-2)戦術 2-2の定位置攻撃と聞いてあなたは何を思うかべるだろうか? 2-2(ボックス)にはフィクソ2枚+アラ2枚を配置した俗に言うクワト...

後ろに下げるフェイクでドリブル

後ろに下げて自陣からビルドアップするキックオフを何回かやっていれば相手DFが前掛かりになるケースがある。

その場合は後ろに下げるフェイクでドリブルインするのが非常に有効である。

まとめ

如何でしたでしょうか?

これ以外にも様々なキックオフ戦術が存在しますが、今回は代表的なものだけ紹介しました。

直接ゴールを狙わない限りキックオフの局面は基本的に定位置攻撃と同じなため、定位置攻撃のパターンの数だけサインプレーが考えられます。

キックオフ戦術はなんとなく適当にチームに導入するのではなく、選手の個性(能力)やチームで導入しているモデルにそって導入することをおすすめします。

もし面白いキックオフ戦術を見つけましたら教えていただけますと幸いです。

最後に

最後まで記事を読んでいただき誠にありがとうございます。
↑にSNSシェアボタンがございますのでこの記事が有益だと思った方はシェアして頂けると幸いです。

Twitterでフットサルの戦術に関する有益な情報を発信していますのでまだフォローしていない方はフォローお願いします!

Twitter

私達は日本のフットサルの競技レベルを上げるためにFリーグや海外での指導経験のある方との意見交換を通じて良質な情報を発信しています。
何か分からない点、間違っている箇所がございましたら↓のコメント蘭からお気軽にコメントください。

定期的に記事更新していますので今後も読みたいと思った方はブックマークの登録 or 「フットテック」で検索していただけると幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。