敵陣キックイン

【世界中で大流行】キッカーチェンジを用いた敵陣KI

今回はワールドカップ日本代表vsアンゴラ戦のアンゴラに決められたキッカーが走る世界中で大流行しているこのセットプレーについて解説します。

このセットプレーを見て形だけ真似するのではなく、何故このセットプレーが効果的で何が狙いなのか?を理解することが非常に重要です。

この記事ではこのセットプレーの意図、パターンを図と動画を用いて丁寧に解説します。

初期配置:チョンドン

初期配置はチョンドンと同じ配置をとることで相手のチョンドンをするのではないかと思わせるとこの後紹介するパターン2が決まりやすくなる。

チョンドン
【これ一つでOK】敵陣キックイン チョンドン かんぜんマニュアルチョンドンはチョンしてドンするだけだと思っていませんか? 実はチョンドンには4つ以上のオプションが用意されていてプロチームはこのそれぞれのオプションを状況に応じて使い分けています。 この記事ではFリーグでのチョンドンの全オプションを徹底解説します。...

オープニング:キッカーチェンジ

  • キッカーはボールを置いて縦に走る
  • チョンドンを匂わせたシューターがキッカーになる

このとき最初のキッカーがタッチラインにボールをしっかり静止させた上で走るのは忘れてはならない。

パターン1:斜めに蹴り込む

キッカーが縦に走るのに対して相手の壁2枚のどちらかがついてくることで壁を1枚にするのがこのセットプレーの大きな狙いである。

セグンド活用

敵陣キックインは直接ゴールが認められていないのでセグンドでワンタッチするか、相手に当ててオウンゴール(事故)を狙う。

ピヴォの活用

キッカーのパスがセグンドまで通らない、もしくは体の強いピヴォが居る場合はセグンドの選手がピヴォになりピヴォ当てを選択するのが有効である。

パターン2:縦パス

相手の切り替えが遅く壁がボーッとしてるときや、どっちがついていくか迷った場合は縦に走ったキッカーに対して誰も付いてこない場合がある。

このような場合はシンプルに縦に出し、中にエグルもしくわセグンドに折り返すのが有効である。

相手が付いてきた場合はもう一度後ろに落とすのが有効である。

このとき赤1番はゴールに背中を向けたピヴォになって落とすだけでなく、シュートフェイクでピサーダで落とすような落とし方もある。

最後に

最後まで記事を読んでいただき誠にありがとうございます。
↑にSNSシェアボタンがございますのでこの記事が有益だと思った方はシェアして頂けると幸いです。

Twitterでフットサルの戦術に関する有益な情報を発信していますのでまだフォローしていない方はフォローお願いします!

Twitter

私達は日本のフットサルの競技レベルを上げるためにFリーグや海外での指導経験のある方との意見交換を通じて良質な情報を発信しています。
何か分からない点、間違っている箇所がございましたら↓のコメント蘭からお気軽にコメントください。

定期的に記事更新していますので今後も読みたいと思った方はブックマークの登録 or 「フットテック」で検索していただけると幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。