基礎

【概要】フットサル個人戦術

フットサルは5人(相手を入れて10人)で行うスポーツだが、組織を一番極限まで分解すると個にいきつく。

そのため、組織力やグループ戦術の質を高める上でも個のクオリティは絶対に無視することが出来ない。

選手目線で考えると、チーム(環境)によって変わるグループ戦術より、どの環境でも通用しうる個人戦術を習得したほうが、選手としての価値を上げやすくなるため、個人戦術の習得は重要である。

この記事では個人戦術の全体像、分類について解説する。

個人戦術の全体像

個人戦術 分類

個人戦術は主にオンザボール(On the ball)またはオフザボール(Off the ball)、攻撃または守備により次の4種類に分類される。

  • 攻撃(オンザボール)
  • 守備(オンザボール)
  • 攻撃(オフザボール)
  • 守備(オンザボール)

それぞれに相当する具体的な例を挙げると以下のようなものがある。

個人戦術の分類

個人戦術 具体例

一つ一つ見ていこう。

オンザボールの攻撃における個人戦術

ボールを保持している選手の個人戦術。

フットサル独特のテクニック(技術)といえばほとんどがこれを指すケースが多い。

【距離と角度ですべてが決まる】フットサルのドリブル理論フットボールにおけるドリブルは距離×角度ですべてが決まります。 では具体的にこの距離×角度という理論とはどういう意味なのでしょうか? この記事ではフットサルだけでなくサッカー含めたすべてのフットボールに通用するドリブル理論を図や動画を交えて徹底解説します。...

オンザボールの守備における個人戦術

ボール保持者に対峙している1stDFの個人戦術。

具体的には以下のようなものが挙げられる。

  • 利き足に対する守備
  • 守備の両側性
  • ピヴォに対する守備
  • スライディング(シュートブロック)
  • 数的不利の守備(守備のストロングサイドの構築)
https://futsal.tech/base/individual/df-2/

オフザボールの攻撃における個人戦術

ボールを保持している攻撃チームのボールを保持していない選手の個人戦術。

具体的には以下のようなものが挙げられる。

  • 抜ける動き
  • 水平サポート
  • ブロック、カーテン
  • ケブラ
  • ラインカット
  • ピヴォット
ラインカットの戦術的意図 3つのメリットとデメリットフットサルのラインカットとは、どのような動きなのでしょうか。この記事では、ラインカットの動きや戦術的意図について詳しく解説しています。ラインカットを用いた具体的なフットサル戦術も動画付きで紹介しているので、ぜひお読みください。...

オフザボールの守備における個人戦術

ボールを保持していない守備チームの1stDF(ボール保持者に対峙している選手)以外の選手の個人戦術。

具体的には以下のようなものが挙げられる。

  • 牽制
  • マーク交換、ジャンプ
  • フェイク
  • アンティシペーション(予測)
https://futsal.tech/major-phase/positional-defence/

まとめ

この記事では、個人戦術の概要について解説した。

上記の4つの能力のうち、自分に何が足りず、何を伸ばしていきたいのか、今一度考えることをおすすめする。

最後に

最後まで記事を読んでいただき誠にありがとうございます。
↑にSNSシェアボタンがございますのでこの記事が有益だと思った方はシェアして頂けると幸いです。

Twitterでフットサルの戦術に関する有益な情報を発信していますのでまだフォローしていない方はフォローお願いします!

Twitter

私達は日本のフットサルの競技レベルを上げるためにFリーグや海外での指導経験のある方との意見交換を通じて良質な情報を発信しています。
何か分からない点、間違っている箇所がございましたら↓のコメント蘭からお気軽にコメントください。

定期的に記事更新していますので今後も読みたいと思った方はブックマークの登録 or 「フットテック」で検索していただけると幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。